大将からひとこと

第二十八回:二枚の絵と生花

11月に入り、新たな出逢いが2件ありました。

1件目は大阪の臼井様で、華道「恵干会」主宰をされている方です。ある方の紹介で知り合いしげ真の玄関正面に豪華に生けて頂きました。竹を主に草花などですばらしい出来映えです。12月末には正月バージョンにして頂きます。しばらくの間 お客様に楽しんで頂きたいと行っております。

 

もう1件は ある方にいただいた美人画の2枚です。

(青山 亘幹)画伯の“舞子”と“末広”です。ある日、知人から連絡があり ある方の病院の整理で絵をもらってくれないか?との電話でした。本当にもらっていいんですかと問うと 身内の方もいらないので是非和食店にもらってくれたらありがたいとの事で 次の日に女将共々うかがい絵を見た瞬間にひとめぼれし早々に店の玄関にかけさせて頂いています。すばらしい絵と生花を是非一度見にこられて下さい。

 

人生の縁の深さと人との出逢いに感謝し、益々精進し本業である料理とおもてなしを高めてまいります。

つづく

ひとこと一覧

2014/08/01