大将からひとこと

第二十回:成せばなる成さねばならぬ何事も

今も昔も時代替れど基本は一緒と
聞き続けて来た私ですが、
最近時代の移り変りの早さに、
ついていけない年齢になり(笑)
あぁ~と毎回苦戦しているこの頃、
ふと28年前の原点は人のやれない事をする、
継続は力なり、この料理の社会を替てやる!!

封建社会の板前の世界、
今だ堅苦しい上部の権力の強い、見て学べ、
厳しく時間も長く見た目より
はるかにつらい大変な仕事ではありますが、
私は学生時代の勉強努力をしていないし、
社会から逃げて自己主張が強く、
自分の店を持つことが夢です。
というが、その努力をおこなわないような
人達が多く、一部には博打やギャンブルに
おぼれる人達も多い社会、今現況は若い継承も
少なく飲食店も次々閉店し1億総グルメの時代も
終わり、中食・お惣菜と夫婦共働きが普通のとき、
お金の価値、物の価値感の変化の中、
世界の人々が認められた和食の健康と
バランスの良い伝統を今…

自ずから見直しフレッシュ和食、
おふくろの味の伝承を2~3年前から進めています。

失敗の連続の人生・送風が普通中

らしく生きぬく人生を心がけて

「ゆりかごから墓場まで」

今まで知りえた知識を世の為にお役に立てるよう
精進してまいります。

諦らめた時点で物事は終わる
夢と希望を持ち続ける社会に
人踏ん張りしましょう未来の為に…
夜空の星が近くなる前に…。

・・・つづく

ひとこと一覧

2014/08/01