大将からひとこと

第二十一回:夢と目標

この道に入ったのは24歳の時、
五年サラリーマン生活をしていまして
遅まきながら料理界へ。

始めての店は料理人は親方とお兄さんと
私(新人)の3名で家庭的なお店でした。
時代もよく、バブルの時代です。
お店も忙しく、土・日には出前も多く、
出前もし、料理も作り、接客もし、
お客様と一緒にお酒も飲み、
帰りにはお客様を送って帰ったり。
(この時代は少々の飲酒はOKの時でした。
 法的には無理ですが!!)

毎日が飲酒運転で帰っていましたが、
何度かは飲酒運転で警察に捕まりましたが、
罰金と運転停止の経験もしましたが、
もともと酒好きの性質はなおりません(笑)

その店の親方の言葉で商売して5年頑張れば
家が建つと言われ、その親方も大久保町高丘の
その当時新興住宅に80坪程の家を持たれてました。
意外と素直な私は商売で本当に良く儲かるのや~と、
信じていました。

その親方の商売も俗にいう「どんぶり勘定」で、
こんな経営でと、思っていましたが、
時代が良かったんですね!
昼から21時~22時まで酒を飲んで接待している
お客さんや外車販売の方や豪快に飲食される方が
多かったイメージが残っています。

その新人の時代から目標として店を持つ30歳には。
と決め、料理の勉強をと3年で退店し次の店へと。

この度は本格的な日本料理店で
基本を学ぼうと入店し、
料理人7~8名、宴会場もあるお店でした。
中学卒業の坊さんから、50代の料理長と、
この店も忙しく焼場から揚場へ、
そして煮方・板場とほとんどの仕事を
2年ぐらいでさせて頂き、
旬と地元の素材の料理を学ばして頂き、
独立するなら有名店をと、知り合いを通じて
明石のすし店で料理をまかせて頂き、
時間があるときはカウンターで
寿司とお客様の接待を学ばせて頂きました。

この店は明石の有名店だけあり、
大阪・神戸方面から有名人などがよく
来店し忙しく、また色々な勉強をさせて頂き
今の店の基本的な考え方が
学べたお店でもありました。

また、経営的にも多店舗、転開や、
有名ゴルフ場へのパーティーなど
経営もいろいろ勉強しました。

その頃、29歳の6月に前にも
書かせて頂きましたが、
父がガンで他界し、これを期に自分の店を。
と、夢である平成2年11月2日にしげ真を
開店することが出来ました。

夢と目標を決め、行動する
そして周りの方々が後押しをしてくださり、
今28年目を迎えております。

時代は変わり、のれんをかけていれば
お客様のこられる時代も終わり、
お客様と共に店を作りあげる時代。

いろいろな方々にご支援頂き夢と
目標を達成出来ます。
若い方々に信実の継承をと考えています。

 

ひとこと一覧

2014/08/01